我が家のこだわって設えた趣味のスペース

こだわって備えたというほどではありませんが、電子ピアノを置くスペースは、床の補強と、壁からの照明を意識しました。

我が家のこだわって設えた趣味のスペース

こだわって備えたというほどではありませんが・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

こだわって備えたというほどではありませんが、電子ピアノを置くスペースは、床の補強と、壁からの照明を意識しました。
角度を変えることのできる照明器具は、色々なカタログの中から見つけたので、とても満足しています。ピアノを弾く時間帯によっては、手元の灯りが重要なので、こだわったと言えるでしょう。
また、我が家に唯一ある和室は、網代天井にして雰囲気を出し、照明器具もありきたりではなく、丸みをつけた柔らかいイメージにしました。
設計図の段階にあった床の間を止めて収納にし、趣味の華道と茶道の道具を入れています。和室でありますが、障子を使わないでカーテンにし、入口の引き戸も三枚扉にして、オープンスタイルにもできるようにこだわりをあちこちに施しました。

自分の実家では、書道が趣味であった父が、自宅の趣味のコーナーでは物足りなく、離れに部屋を作ってしまいました。
水屋まで作り、趣味の部屋なのにトイレもあるという贅沢なものだったので、こだわりはかなり強かったと思います。